読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nejimaki-cafe’s diary

健やかで楽しい毎日*

「いつか記憶からこぼれおちるとしても」 江國 香織 著。

普通に居るような、 女子高生の日常の延長を 描いた作品です。 こちら、6作の短編で、 主人公はそれぞれ違いますが、 皆、 クラスメイトです。 (6作目だけちょっと異例) 6作が巧妙にリンクされてます。 さらさら、っと読めるんだけど、 ちょっと切なく…

「光の帝国 -常野物語-」 恩田 陸 著

昨夜は、 江國香織さんと小川洋子さんの 本を読もう・・・、と思ってたのですが、 ふと本棚を見たら読みかけの本が あることに気付き、 まずそちらを最後まで読むことに。 恩田陸さんの、 「光の帝国」 という本です。 この本には、 -常野物語- というサブ…

「密やかな結晶」 小川洋子 著

「喪失」がテーマの物語です。 主人公の「わたし」が住む島からは、 ひとつずつ、いろんなものが「喪失」してゆく。 それはある朝突然訪れます。 鳥が消え、薔薇が消え、カレンダーが消え、そして・・・。 数々の喪失。 その果て。 喪失、というより、破滅が…

「ファースト・プライオリティ」

「ファースト・プライオリティ」 は、 31話の短編集です。 短編の中でもかなり短い部類に入るのでは。 31このお話、全てに、 31歳の女性 が登場するという、 非常に珍しい短編集です。 友達に勧められて読んだのが確か26歳くらい、 さらさらっと読めて…

あわあわと、色濃く流れた日々。-「センセイの鞄」ー

川上弘美さんの作品で一番好きなのは、 「センセイの鞄」です。現実感が無いのに妙にリアル。 切なくて、美しくて、淡い。普通の恋人より確実に早く来るであろう、 逃れようの無い「別れ」。 しかも普通の恋人同士のそれとは類が違う。 そんなのすべてを受け…

バッドエンドな恋愛小説。ー落下する夕方ー

通勤時間が少し長いので 読書をしたりして過ごしています。 ふと空いた時間に、 江國香織さんの「落下する夕方」 を読み返してみました。 (紙の本を読んでます) ほんと久しぶりの再読です。 はじめてこの本を読んだのは、 沖縄から帰ってくる飛行機の中で…

kindle paper white が届いた!

久しぶり(といっても約半年ですが) に仕事をすることになったわたしに、 夫が kindle paper white を買ってくれました! 7月12日にAmazonがセールをやっていて、 1日だけ少し安くなっていたので買ってくれたようです。 今回、通勤時間が少し長いので 電車…