nejimaki-cafe’s diary

健やかで楽しい毎日*

夢で逢えたら。

 

4年半前に死んだ猫の夢を

いまでも時々見る。
 
夢の内容は大体いつも決まっていて、
窓から入ってきた猫を捕まえようとしたら
あっという間に逃げて居なくなってしまう、
そんな夢。
 
今朝見た夢で、
猫は何故か野良猫になっていた。
「うちに帰ってきたらいいのに」
と話しかけるのだけど、
つれない顔をしてそっぽ向かれてしまう。
夢の中でわたしは、
あぁ……もう戻ってきてくれないんだ。
と理解していた。
もうわたしの猫では無いんだ。
そう思って、悲しくなって目が覚めた。
 
祖母が無くなった時も
長い年月を共にした人と別れた時も、
随分悲しかったけど
気持ちを切り替えるのに長い時間は
かからなかった。
だけど猫が死んだ時は、丸一日泣いた。
泣いて泣いて頭が痛くなっても
涙は止まらなくて、
冷たくなったからだをずっと撫でていた。
 
あれから4年半経つのに、
わたしは今でも死んだ猫を思い出して
たまに泣いてしまう。
 
ペットロス
とはまた違う感情なのだと思う。
 
祖母の死も、大切な人との別れも、
充分に覚悟して納得して受け入れて
さよならをした。
でも猫が死んだのは、突然で、
わたしはなにひとつ心の準備が
出来ていなかった。
自分より小さな命がなくなる時が
こんなに悲しいなんて想像もしなかった。
 
会いたくて会いたくてたまらない時、
わたしが思い出すのはいつも同じ姿。
窓際の、陽が当たる場所で、
気持ち良さそうに眠る顔。
柔らかな毛と、そこに顔をうずめた時の
あたたかな匂い。
 
あの時と同じ姿で
今ものびのび暮らしていたらいい、
と思う。
 
またいつか、会えたらいいな。
生まれ変わったら
きっと戻ってきてくれると信じているから
猫は飼わずに待っているよ。
 
何処で出逢っても、
きっとすぐにわかる気がするから。
 
 
f:id:tsuki_neko:20160711183021j:plain