nejimaki-cafe’s diary

健やかで楽しい毎日*

初!胃カメラ体験記その1。

参考になるかわかりませんが、

記録を兼ねて書いておこうと思います。

 

「超」がつく程臆病者なわたしでも、

胃カメラができたよ!というおはなし。

 

それは一昨年の秋でした。

 

ある日突然ひどい胸焼けに襲われ、

それから毎日胸焼けとのお付き合いが始まりました。

何日かすればすぐに治るだろう・・・・。

希望を込めて手持ちの胃薬を飲み続けること2週間。

珈琲を控え、消化の良いものを食べ、白湯を飲み。

 

・・・・・・・。

いっこうに治る気配が無い。

 

実はわたし、

その年の4月にも同様の症状に悩んだ時期がありました。

そのときは仕事ですごいストレスを抱えていて、

(この話は今度詳しく書きたいと思います!)

くっそーーー、絶対アイツのせいだ!

と当時むかついていた同僚を心の中で恨みながら

やはり胃薬を飲み続け、珈琲を控え・・・(以下省略)

その結果、なんと2週間ですっきり症状が治まったのですよ!

なので今回も2週間を目安に耐えていたのに、

ちっとも治る気配が無い・・・・・・。



皆様、胸焼けのつらさをご存じでしょうか。

胸焼けが酷すぎて熱いものを飲み込むたび、

食道がひりひりする嫌な感覚を。

そしてなにより、

自分の目で覗き込むことが出来ない場所で

「何かが」起こっている、というこの不快感&不安感を。。



あぁ~多分、逆流性食道炎だな。

 

インターネットで症状を調べてもそう書いてあるし、

多分そうなのでしょう。

けれど、確定診断には「胃カメラ」をしなくてはいけない。

 

胃カメラ・・・・・・・・・

 

どのサイトを見てもそう書いてある。

 

胃カメラ・・・・・・・・・・・・・。




年齢的にもそろそろ一度、

胃の検査を受けておいた方がいいよね。

 

そう思い、

実は去年の健康診断で胃カメラを有料で申し込んでいたわたくし。

4月に起きた胸焼けも気になっていたし、

たまーに起きるみぞおちの痛みも不安材料だったし。

 

ところが、

わたしが申し込んだクリニック、

とーーっても人気が有るところで胃カメラの予約が取れず断念。

頭のどこかで胃カメラのことを気にしながら過ごしていたのでした。



良い機会だから胃カメラ受けよう。

 

そう思い、勇気を出して健康診断を受けたクリニックに向かったのは、

去年10月の終わりのことでした。