nejimaki-cafe’s diary

健やかで楽しい毎日*

2016年夏の風物詩。

2016年7月23日(土)。

 

会社近くの公園の横を通り過ぎたとき、

その異様な光景に思わず足を止めてしまいました。

 

皆がスマホを眺めて公園を徘徊している、

しかも公園はこどもより大人の数が圧倒的に多い、

今まで見たことのない光景......。

 

ポケモンGOの配信と夏休みと週末が

ほぼ同時に始まり、

解放感とともに大人もこどももポケモンGOに夢中になる。

ほんとうに不思議な光景。

 

わたしはポケモン全盛期の頃すでにこどもではなくて、

ポケモンに出てくるキャラクターの名前をちっとも知らないし

ポケモンのアニメすら観たことが無いんです。

だからゲーム自体にそんなに興味はないのだけど、

一日のうちに何度か公園のそばを通っているうちに

異様だと思っていた光景が少し微笑ましい風景に変化していきました。

 

ゲームに夢中になって

街の中を歩き回っている人たちは、

ものすごくドキドキしてて楽しいんだろうな、

って想像したらなんかわたしまでワクワクしてきて。

 

ふと思い出したのは18歳の夏。

毎日が楽しくて新鮮で、

ワクワクすることがたくさんあって、

夏休みが永遠のように続いていた頃のこと。

あんな風にワクワクしたりドキドキしたり、

そういうこと30代になって一度でもあったかな......?

と思い返したら、

公園で夢中になってポケモンGOをやっている人たちの

仲間に入りたくなりました。

 

仕事が終わって帰る途中、

公園に集まる人は減るどころかどんどん増えてて、

地元の駅の近くにある公園もやっぱり人でいっぱいでした。

 

7月の終わりとは思えない涼しい週末に、

人生で初めて見た不思議な光景がなんかアンバランスで。

 

わたしはこの夏の始まりを、

きっとずっと忘れないだろうな。と思った。

 

そして、

次の休みにはポケモンGOで遊んでいそうな予感でいっぱいです。