読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nejimaki-cafe’s diary

健やかで楽しい毎日*

淡い青春物語。-大人ドロップー

2014年の2月。

 

春を先取りしようと出掛けた伊豆への小旅行で

行く先々の駅にでかでかと貼られていた映画のポスター。

 

それが 「大人ドロップ」 でした。

 

旅に出ると毎回感情が豊かになるからか、

ポスターに魅力があったのか、

たまたま訪れた伊豆が舞台だったからなのか、

もう理由なんて忘れてしまったけど、

公開前のその映画をなんとなく観たくなってそして2年後。

 

ツ○ヤでレンタルし雨降る休日に観ました。

 

映画の内容はいわゆる青春ドラマ。

高校生4人が主人公の物語で、

友達同士なのに1人の女の子を好きになってしまったり、

でも実は本当に好きなのは違う相手なのだと

最後に気付かされたり、

10代の微妙な恋心が描かれています。

映像がきれいで淡々とストーリーが流れていくのですが

内容的に少し重たい展開もあります。

でも全体的にはすごくすっきりまとまっていて、

池脇くん演じる浅井くんの告白シーンは

観ていてじーんとなるし、

「あとはご想像にお任せ」な 

ラストシーンは思わず頬が緩んでしまいます。

 

観終わったあとの感想は、

「久しぶりだな~こんな気分」。

いろんな意味で感傷的になりました。

甘酸っぱいようなもどかしいような、

そんな気持ちになりました。

 

恋愛をする、ってこんな感じだったっけ。

そんなこと考えつつ、

ラストがわたしの中ではしっくり来たので

余計にきゅん、となって。



ちなみに主演は今が旬な池松くんなのですが、

最近の脱ぎシーン満載系じゃなく、

素朴な高校生の役を演じていて、

いい味出してます。

池松くんが作り出す世界にすっかりハマってしまいました。



上手く言い表せない感情が入り交じった、

まどろっこしい気持ちで今思うのは、

高校生の頃、もっと純粋な恋愛したかったな、ということ。

どうして10代の頃ってあんなに背伸びしたかったんだろう。

放っておいても大人になるのにね。

 

どうしようもない恋愛にはまっていた自分の10代と比べると、

映画のラストシーンが純粋過ぎて、

過去の自分て恥ずかしい!と、猛烈に思ったのでした。



高校生の頃 夫に出会っていたらどうなっていたかな。

・・・・・多分好きになっていなかっただろうな~。笑




青春ストーリーできゅんきゅんしたい方は是非。

そしてとにかくラストが素敵なので、

途中退屈でもなんとか最後まで観て欲しいと思います。